toggle
Stance BLOG
2017-06-20 | Stance BLOG, ヨガ

呼吸と瞑想のクラスについて

健康やアンチエイジングなどカラダを整えることやストレス緩和など心を整えることでより豊かな人生を送りたいとほとんどの方は願っているはず!!なのにだれもが24時間おこなってる呼吸を重要視してない方も多いように思います。

呼吸とカラダと心は互いに影響しあっている関係です。

例えば心の中に怒りが湧き上がれば、カラダは硬くなり緊張し、呼吸は荒くなってきます。

このクラスでお話しする呼吸はヨガの呼吸法のやり方や実践ではなく呼吸のしくみ、呼吸とカラダの関係、日常においての質のいい呼吸についてお話しています。できるだけわかりやすくとは思っていますが、伝えたい内容を全てお話ししようとすると呼吸についてのお話で終わってしまいそう…….

そこでお伝えする内容を3回のレッスンに分けて進めていきます。アーサナもしっかりやって最後には呼吸を観察する瞑想で締めくくります。ヨガのプラクティスを続けていくうちに自然とカラダが整い深い呼吸ができるようになり定着していくことも可能ですが、知識として理解していることで迷わず意識をすることができて、プラクティスを楽しみながら続けていけるいけると思います。

順番に受けてもらう必要はないのでお時間合うとき、来て下さいね。

呼吸と瞑想のクラス  予定
6月24日 vol. 1  16:00~
7月  8日 vol. 2  16:00~
7月22日 vol. 3  15:00~ (時間変更)
以降繰り返しおこなっていきます
スケジュールは変更になる場合がございます。予約カレンダーをご確認ください。

 

Studio Stance Blog

転機

人は誰しも、「もっとよくなりたい、向上したい、変わりたい」という気持ちが少なからずあると思います。

キッカケはどんな事でも、何かに興味を持ちチャレンジはするのは大切な事です。

揺れる気持ち

そもそも本当に変わる必要性に駆られていなかったり、変化を求める反面、

「自分にはできるはずがない」
「前もそうだったし、やっぱり無理」

何らかの原因によってその気持ちを否定してしまいます。

ある意味で自分を守るための防衛反応で、ラクな方に逃げることで精神的ダメージを軽減し、必要な労力を避けたくなります。

本当の気持ちは?このままでいいのか問いかける

問題点を直視して、原因解決のための対策を考えてみる必要があるかも知れません。

自分の問題点から目を背けずに、色んな自分を知り受け入れることは否定する事で終わっていた時より大きな前進です。

でもやっぱり無理

自分を変えるために行動してみて、やってはみたものの、

変化していないし、自分自身も成長している実感があまりなかったりします。

変わらないことに焦り、失望してしまい、変わらない自分をまた否定してしまうループに、当たり前のことですが、すぐに結果や成果がでれば苦労はしません。

だけど勇気を持って一歩踏み出した瞬間から、見えないところが変わっている。

変化が始まっているのです。

立ちはだかる壁

今までやったことのない新しいことにチャレンジすると、失敗はつきものなのですがこれが完璧を求めるがあまりに自信喪失になることも。逆に言うと、

「失敗がある」ということは「チャレンジしているから」ということです。

失敗を恐れ完璧を求めると「やっぱり行動しない」という選択が現実味を帯びてきます。

ですが、“何事も最初からうまくいくわけがない“ということです、ほとんどの場合たくさんの失敗や挫折の先にやっと小さな光が見えてきたり、正解に近づくものです。

前へ進もうとしないと、いつまでも自分が見ている景色は変わりません、扉の向こうに広がる目的地にたどり着く可能性がゼロになってしまいます。

粘り強く、自分を信じて、むしろ失敗を楽しむぐらいの心持ちで。

柔軟な思考と行動力

今までの枠を飛び越えるためには自分の考え方、価値観、判断基準に縛られ過ぎると、これまでの自分からなかなか脱却できません。

あらゆるタイプの人、あらゆる考え方、あらゆる価値観があるからこそ、嫌な事が起きる反面、楽しいこともあるのではないでしょうか。

自分が本当はどうしたいのか色々考え、大きく変わるために、それまで持っていたものを手放すのはとても大変なことですが、空いた手で掴める可能性は大きく広がります。今が辛くても後から振り返ってみると「あの時があるから今がある」と思えることは、皆さんは今までに経験してきたのではないでしょうか。

何が良くて、何が悪いかなんて色々とチャレンジして自分が実際に体験してみないと本当のところは全く分かりません。

考える時間も大事、行動する時間も大事、時には回り道しながらも、考え続けて気づけたり、目標が明確になったあなたはきっと大丈夫、諦めずに少しずつでも前に進むことができるはずです。

 

Studio Stance Blog

2017-05-14 | Stance BLOG, お知らせ

ヨガレッスンweb予約について

ヨガレッスンweb予約のご説明

1.Studio Stanceのトップやヨガ クラス/スケジュールのページからweb予約へ移動して下記の日時選択画面からお好きな日時を選択してください。(ディスプレイの画面サイズにより表示が異なります。)

Studio Stance ヨガレッスンweb予約

ヨガレッスンweb予約 トップページ

 

2.日時選択後、その日のレッスンスケジュール一覧よりご都合の良い時間を選択してください。

Studio Stance ヨガレッスンweb予約

ヨガレッスンweb予約 レッスン選択画面

 

3.お時間を選択して頂くと下記の画面に移動します。
体験レッスンご希望の方はこのままお名前、メールアドレス、質問欄に体験レッスン希望と記入して頂き予約確定ボタンを押してください。お客様宛てに予約システムより、仮予約に関するメールとご予約承認後にメールが届きますので内容をご確認下さい。ここまでで初めての方は終了です。

Studio Stance ヨガレッスンweb予約

 

4.Studio Stanceマイページについて
メンバー登録後にヨガレッスンweb予約トップページよりログインしてください。
マイページでは予約・キャンセルがより簡単、予約レッスンの管理、お知らせ、ID以外の会員登録内容の変更、退会手続きなどが可能となっておりますのでご活用ください。特典といたしましてお誕生日クーポンを発行いたします。

《予約回数について》
チケットの種類や有効期限に関係なく最大6レッスンまで予約可能です。当日開催のレッスンは、予約可能数に関わらずご予約できます。

《キャンセルについて》
ご予約のキャンセルは、web予約ページからキャンセル手続きを行って下さい、キャンセル料はいただいておりませんが2時間前までにご連絡をお願いします。

Studio Stance web予約マイページ

Studio Stance マイページ画面

​※携帯メールアドレスをご登録の場合は、「@select-type.com」からのメールを受信出来るよう、携帯電話の迷惑メール設定をご調整ください。
※登録したのにも関わらず、メールが届かない場合、単純なメールアドレス間違いの他に、「迷惑メール」フォルダに振り分けられている可能性があります。

2017-05-04 | Stance BLOG, ヨガ

ヨガの目的の一つ呼吸

どのクラスも呼吸を重視してすすめています

気合いや根性では呼吸は深まりません!

レッスンでは呼吸へ意識を向けること、深い呼吸とはどういう状態なのかへの気づきと深い呼吸をするために緩める筋肉、鍛える筋肉にアプローチしてより呼吸しやすい心とカラダ作りをしていきます。
ヨガの時間だけではなく24時間繰り返す呼吸を質のいい呼吸にすることを第一の目的にしています。繰り返すということは、回数が多いということです。

なぜ深い呼吸が大切なのか?

深い呼吸は
自律神経のバランスを整える
リラックス(ストレス解消)
免疫力アップ
質のいい睡眠(美肌)
脂肪燃焼
冷え性・便秘・肩こりの改善
疲労回復
などが見込めます。

ヨガをしようと思ったきっかけが上記のなかにありませんか?
呼吸が重要な鍵だとお気づきですね。

自分の心とカラダに意識を持つ時間と呼吸を整えることで毎日そして未来をもっと楽しい時間にすることできます。

深い呼吸の効果について

まずは深い呼吸とは

いっぱい吸っていっぱい吐ける呼吸

1回でたくさんの酸素をと取り込むことができる呼吸です。深い呼吸ができていれば自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを整えることができます。

①リラックス効果

深く呼吸をすることで、全身の力が抜けてリラックスすることができます。

吐く呼吸は身体を落ち着かせる神経の副交感神経(リラックスモード)に働きかけてます

 

②精神的な疲労の回復

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌が促されるので、精神的なストレスを和らげてくれます。

イライラすると交感神経(戦闘モード)が優位になるので、意識して深い呼吸ができると興奮を鎮めることができイライラもおさまりやすくなります。

 

③肉体的な疲労の回復

全身に新鮮な酸素が送られることにより、体中の細胞を活発にすることができます。

これによって、細胞の自然治癒能力を促進して、肉体的な疲労を回復につながります。

急いでダッシュで走ったら息がぜいぜいハアハアという経験あると思います。回復のためにたくさんの酸素が必要だからです。

仕事や運動で体が疲れているときには、深呼吸を行ってみてください。

効果を実感しづらいかもしれませんが、回復力を高めるとができます。

 

最大のポイントとしては、最後まで息を吐き切るということです。

肺の中の空気をすべて出し切ってしまえば、息を吸った時に新鮮な空気で肺を満たすことができます。体内に取り込める酸素の量が変わってくるので、最大の効果を得ることができます。

吐ききるためにはどうすればいいか、ヨガのレッスンの中でお伝えできればと思ってます。

 

Studio Stance ヨガレッスン

2017-04-06 | Stance BLOG, ヨガ

ヨガで感覚を意識する

レッスンでは「下腹部の力で」とか前ももを引き上げて」と言われても上手く使えないってことが多々あると思います。

脳から使いたい筋肉に「使って」って指令を送ろうとしても、ふだん使われてなくて指令を送る回路が閉ざされてるので伝わらない。

まずは回路をつないで指令が送れるようにしましょう〜

カラダをつかう「感覚」

繰り返し繰り返し使おうと意識する、その部分を手で触ったり軽くタッピングして、外からの刺激で場所を脳に伝えていきます。

声(触る、タッピング)のする方にトンネル(回路)を掘って行くイメージです。

感覚は動きをコントロールしたり、自分の重心を捉えたり、関節の位置などの情報を脳に伝えるわけですから、脳も情報が少ないと対応することができません。

東京に地図もスマホも持たずに行って迷うことなく目的地たどり着くのは関西人にとっては至難の業です。

脳に情報をしっかりと送ることで、判断して対応することができるのですから。

「軸」をイメージしてみる

頭頂部から骨盤底に串を刺したイメージで痛さはイメージしないで下さいね。

ねじりのアーサナやバランスのアーサナの時に串刺しイメージでというのは、脊柱の事を指しているのですがレッスンの時に脊柱や背骨と言われてもイメージしにくいものです。

串カツや焼き鳥なら画像が浮かんでくるかと思います、まずは簡単にイメージできる物を利用しながら、実際の骨模型なども見て頂くともっと理解が深まると思います。

軸を意識しながらポーズを行うとポーズが安定してバランスポーズも気持ちのいいポーズになって行きます。

「お腹の力」も利用して

底力ってお腹から生み出されるように思いませんか。

重心をさげてお腹に力をいれることで得られる安定感あってこそ次の動作への力に…….

太ももやふくらはぎに負担を多くかけることでお腹がおろそかになってしまいます。

優位に働く筋肉は、頑張ろうと思うほどより働いてしまいますので少しゆっくりと動かしながら、腹部にフォーカスしてみてください。

いつもと違う感覚でヨガを楽しんでみてくださいね。

 

Stance ヨガレッスン

1 2 14