toggle

ヨガも自分のペースで

「無理しないように」「自分のペースで」と言われても…….

「無理しない」「自分のペース」レッスンの時によく言っています。多くのインストラクターさんがおっしゃってるんじゃないかなと思います。

ヨガは人と競い合うものでもないですし、痛さや辛さを我慢しなければ効果が得られないということはありません。

特に初心者の方にとっては自分のちょうどいいペースってわかりづらいですよね。

せっかくヨガしてるんだから早く効果を感じたいとつい、頑張って無理してしまう傾向にあるように思います。

待って〜‼︎

ケガにつながりかねません

前回の記事でもふれましたがが呼吸とカラダと心は連動しています。

レッスンの時に自分の呼吸を目安に

浅く乱れてきたらペースダウンのサイン

アーサナを緩めるかバラアーサナ(チャイルドポーズ)などおやすみのポーズを選択しましょ〜

急がば回れです

ヨガを始めたばかりの頃に思ったこと

ヨガも含めカラダを動かすことをわざわざしてる人はよっぽど動くのが好きなんだなぁ〜と思ってました。

生活最低限の動きでじゅうぶん動いてるわ〜って

医療機関で働くことがあり、運動不足や長年のカラダの使い方の癖なとで痛みを感じたり動かせなかったりする方々を目の当たりにして今 痛みや困ったことがなくても適度な運動ってメッチャ大事なんかも…….

グータラな私が出来るのか…….おそるおそるヨガを始めたんですが、そこで気がついたのは体を動かしてきた人は体に対する意識の高さが違う‼︎

カラダを動かす事をずっと拒んで来ましたが、あまりの動かないカラダにショック

日常の生活と運動をする事は全く別物とやっと気付く有様でまたショック

継続していくことで必ず変化していきますから、焦らずゆっくりとがコツです。

Studio Stance 空

関連記事