ヨガで目指す呼吸と調和

息を吐き切ることができないと感じたら呼吸が浅くなっているかも。

呼吸は、ストレスなど精神的な影響や姿勢のアライメントで、自然と浅くなります。そうすると脳へ酸素が行き渡らなくなり、頭がぼんやりしたり、眠気が起きたりといった症状が起きてきます。また、自律神経も乱れから不安や焦りにおちいることもあります。血流の流れが悪くなり免疫力も低下します。そうなると病気にもなりやすくなります。

お腹に空気を取り込むように、鼻から息を吸い、今度はお腹の空気を吐くように息を口から吐きます。(←これレッスンの初めてに呼吸に意識むけてもらってます)できるだけゆっくりと深く息を吐くようにするとリラックスしてきます。また脳にも酸素が十分に行き渡り、頭もスッキリしてきます。

家ではまず仰向けに寝てやってみて下さい。横隔膜を緩ませることで、横隔膜の動きが良くなって、長く息を吐けるようになります。

腹式呼吸はお腹を膨らませるイメージが強いかと思いますが、下腹を軽く引き入れてコアの部分を働かせた状態で姿勢を安定させて、そこに腹斜筋と腹横筋の両方の筋肉ををプラスすることでより深い呼吸が可能となります。

呼吸って無意識でできるものですけど、コントロールすることもできます。コントロールできると深い呼吸から心の安定につながっていくのでヨガの時間をとおして呼吸に意識を向けてみて下さい。呼吸に集中してヨガできるとそのあとスッキリした気分になれます。

ヨガで目指せ調和!

「柔軟性と安定性」「心とカラダ」「自分の内側と外側」バランスをとりながら自ら良くなろうとする力を高めるヨガ

その先に調和があります

調和が取れることで自分自身の素晴らしい個性を認め自己肯定に繋がり、さらに他者肯定へと繋がるように思います。

まずはヨガで自分自身を知り癒す時間を味わってみてください。

Studio Stance 呼吸

関連記事