アーサナの意識するポイント

全身に意識(指先、足先、目線も含め)を向けて軸、安定や伸びなどカラダ全体の感覚を感じながら行うことでより効果的にカラダにアプローチできます

間違った体の使い方や癖でやりやすいように行ったり、アーサナ(ポーズ)を真似っこするだけではもったいない〜

そこで、基本的なアーサナの意識するポイントを紹介。

ターダ・アーサナ(山のポーズ)

すべてのアーサナの始まりのポーズで究極のポーズとも言われます。ポイントは最小限の力で安定して長い時間その状態を保てることを意識します。

①足幅は坐骨幅でつま先の向きは正面

②足裏全体に体重を乗せる

③胸を開く

④肩をリラックスして体側に腕をおろす

Studio Stance ターダ・アーサナ

 

ウールドヴァハスタ・アーサナ

ターダアーサナから両手を力強く持ち上げるポーズです。肩に力が入らないようにして腰は自然なカーブに保つようにしましょう。

①足幅は坐骨幅でつま先の向きは正面

②足裏全体に体重を乗せる

③胸を開く

④両手の指先を体のできるだけ遠くを通って天井にあげる。目線は正面か軽く見上げる。

Studio Stance ウールドヴァハスタ・アーサナ

 

ヴィーラバトラ・アーサナⅡ

①前の太ももを外回しにするのにして膝とつま先の向きを揃える
②頭頂を引き上げる

全身に意識(指先、足先、目線も含め)を向けて軸、安定や伸びなどカラダ全体の感覚を感じながら行うことでより効果的にカラダにアプローチできます。

 

Studio Stance ヨガレッスン

関連記事