転機

人は誰しも、「もっとよくなりたい、向上したい、変わりたい」という気持ちが少なからずあると思います。

キッカケはどんな事でも、何かに興味を持ちチャレンジはするのは大切な事です。

揺れる気持ち

そもそも本当に変わる必要性に駆られていなかったり、変化を求める反面、

「自分にはできるはずがない」
「前もそうだったし、やっぱり無理」

何らかの原因によってその気持ちを否定してしまいます。

ある意味で自分を守るための防衛反応で、ラクな方に逃げることで精神的ダメージを軽減し、必要な労力を避けたくなります。

本当の気持ちは?このままでいいのか問いかけて…

問題点を直視して、原因解決のための対策を考えてみる必要があるかも知れません。

自分の問題点から目を背けずに、色んな自分を知り受け入れることは否定する事で終わっていた時より大きな前進です。

でもやっぱり無理

自分を変えるために行動してみて、やってはみたものの、

変化していないし、自分自身も成長している実感があまりなかったりします。

変わらないことに焦り、失望してしまい、変わらない自分をまた否定してしまうループに、当たり前のことですが、すぐに結果や成果がでれば苦労はしません。

だけど勇気を持って一歩踏み出した瞬間から、見えないところが変わっている。

変化が始まっているのです。

立ちはだかる壁

今までやったことのない新しいことにチャレンジすると、失敗はつきものなのですがこれが完璧を求めるがあまりに自信喪失になることも。逆に言うと、

「失敗がある」ということは「チャレンジしているから」ということです。

失敗を恐れ完璧を求めると「やっぱり行動しない」という選択が現実味を帯びてきます。

ですが、“何事も最初からうまくいくわけがない“ということです、ほとんどの場合たくさんの失敗や挫折の先にやっと小さな光が見えてきたり、正解に近づくものです。

前へ進もうとしないと、いつまでも自分が見ている景色は変わりません、扉の向こうに広がる目的地にたどり着く可能性がゼロになってしまいます。

粘り強く、自分を信じて、むしろ失敗を楽しむぐらいの心持ちで。

柔軟な思考と行動力

今までの枠を飛び越えるためには自分の考え方、価値観、判断基準に縛られ過ぎると、これまでの自分からなかなか脱却できません。

あらゆるタイプの人、あらゆる考え方、あらゆる価値観があるからこそ、楽しいこともあるのではないでしょうか。

自分が本当はどうしたいのか色々考え、大きく変わるために、それまで持っていたものを手放すのはとても大変なことですが、空いた手で掴める可能性は大きく広がります。今が辛くても後から振り返ってみると「あの時があるから今がある」と思えることは、皆さんは今までに経験してきたのではないでしょうか。

何が良くて、何が悪いかなんて色々とチャレンジして自分が実際に体験してみないと本当のところは全く分かりません。

考える時間も大事、行動する時間も大事、時には回り道しながらも、考え続けて気づけたり、目標が明確になったあなたはきっと大丈夫、諦めずに少しずつでも前に進むことができるはずです。

Studio Stance 進むべき道

関連記事