toggle

スタジオ規約

第1条(名称、運営)
本スタジオは Studio Stance YOGA&BODYWORK と称します。
本スタジオは、合同会社 Stance (以下「当社」)が運営管理の主体となります。

第2条(目的)
本スタジオを利用することによって、自己の健康の維持、増進を図ることを目的とします。
第3条(会員制度)
本スタジオは基本会員制とし、本スタジオに入会を希望される方は、本規則に基づく入会契約を当社と締結するものとします。 ただし、1回チケット(ドロップイン)、体験受講希望で当社が許可した方は、本規則の遵守を誓約した上で本スタジオを受講することができます。

第4条(会員資格)
本スタジオの会員は、次の各号の全てに適合する方に限ります。
① 本スタジオの趣旨に賛同し教室利用規約その他の会則を守れる方。
② 健康状態に異常がなく、医師等により運動を禁じられてない方で、自己の責任のもとでレッスンを受ける方。
③ 心臓病、高血圧症、皮膚病、伝染病、精神病及びこれに類する疾患のない方。
④ 年齢満18歳以上の方。18歳未満(高校生以下)の場合入会に際し保護者の方の同意を得た方。
⑤ 暴力団関係者でない方。

第5条(入会手続)
ご入会は、各種チケット購入していただいた時点で完了とし、有効なチケットを保持している方または受講レッスン最終日より6カ月以前の方を会員とします。 (未成年者の入会に同意した親権者は本規約に基づく責任を本人と連帯して負うこととします。)

第6条(登録手数料、チケット代)
登録手数料、チケット代は当スタジオが定めた金額とし、会員はチケット代を支払うものとします。未納の場合はスタジオ利用することができません。またの受講レッスン最終日より6カ月より後のご利用の場合は、再入会時に登録手数料を領収します。領収した登録手数料は理由の如何に関わらず返還しないものとします。

第7条(解約)
とくに必要な手続きはございません。受講レッスン最終日より6カ月間スタジオ利用がない場合、自動解約とさせていただきます。

第8条(利用料の返金等)
利用料は理由の如何に関わらず原則返還いたしません。ただし、チケット回数券で、病気、怪我などの身体的理由で有効期限内に受講が困難な場合にかぎり、医師の診断書 を添付の上で、有効期限内に期限の延長の申請をすることができる。当社は医師の診断に基づき最長5か月の有効期限を延長することができます。

第9条(施設利用)
スタジオ利用の円滑化を図るため予約制とし、ご予約の最終受付はレッスン開始の10分前までにお願いします。
予約方法は、web予約および電話で受け付けます。web予約での予約は24時間受け付けいたします。 電話での予約は、営業時間内で受け付けます。チケットの種類や有効期限に関係なく最大6レッスンまで予約可能です。継続サポートによる延長希望の方はその旨を申し出て予約してください。

第10条(予約取消)
ご予約のキャンセルは、web予約ページからキャンセル手続きを行って下さい。基本的にはキャンセル料はいただいておりません。ただし、1人でも多くの方にご利用いただく為、レッスン開始の2時間前までにキャンセルの連絡をして頂くようご協力下さいませ。無断や開始直後のキャンセル、度重なる予約のキャンセルを繰り返された場合、明らかに故意であると当社が判断した場合には、予約制限、来店をお断りさせていただくことがあります。

第11条(資格譲渡)
会員は本スタジオのチケットを第三者に譲渡、貸与、担保設定をすることはできないものとします。

第12条(会員資格の喪失)
会員が次の各号のいずれかに該当した場合にはその資格を失います。なお会員資格の喪失時期は会員が該当したそのときになります。
① 退会したとき。
② 死亡したとき。
③ 第4条に定める会員資格が欠けたとき。
④ 第17条により除名されたとき。
⑤ 当社が本施設を閉鎖したとき。

第14条(運営管理)
本スタジオは次の各号に基づき、運営管理をおこないます。
① 運営管理は当社の責任においておこなわれます。
② インストラクターの交替、受講スケジュ-ルの変更、クローズ等は、当社の運営判断により行います。
③ 会員は運営管理について希望や意見を述べることはできますが、強く要求することや関与することはできません。
④ 当社は運営管理に関する規則を定め且つこれを変更することができます。

第15条(諸規則の遵守義務)
メンバー及び体験者は本スタジオの利用に際し、本規約、細則ならびにその他、当社が定める運営管理に関する規則に従うものとします。

第16条(禁止行為)
本スタジオは次の各号の行為を禁止いたします。
① 許可なく館内を撮影、または録音すること。
② 許可なく当スタジオのスタッフ、他のメンバーの個人情報等を web 上に掲載すること。
③ 許可なく本スタジオにおいて営業行為や勧誘をすること。
④ 他人を誹謗・中傷すること。公共のマナー・道徳に反する行為。
⑤ 当社及び従業員やインストラクターの業務を妨げる行為。
⑥ 他人のスタジオ利用を妨げる行為。
⑦ その他、本条各号に準じる行為。

第17条(除名)
会員が次のいずれかに該当した場合、当社は除名できます。下記の理由により除名された、会員は損害賠償の請求をおこなうことができません。
① 入会にあたり提出する書類に虚偽の申告をしたとき。
② 本規約、規則、その他当社の定めた事項に反する行為があったとき。
③ 本スタジオの名誉、信用を傷つけたり、他の会員との協調性を欠き運営の秩序を乱したとき。
④ 本教室の設備などを故意に損壊したとき。
⑤ その他会員の品位を損なうと認められた行為があったとき。
⑥ 本スタジオ内での営業・宣伝・勧誘活動や販売行為が認められたとき。
⑦ スタジオ利用に際して不当且つ不合理な要求をなすなどにより当社・従業員を著しく困惑せしめたとき。
⑧ 第17条禁止行為に違反したとき。

第18条(当社の免責)
会員は本スタジオ内及び当社駐輪スペースにおいて、自己や自己の所有物および自己の車両を自らの責任において管理するものとし、当社はスタジオ内及び駐輪スペースで発生した盗難、紛失、傷害その他の事故について、一切の賠償責任を負わないものとします。

第19条(会員の責任)
会員が本スタジオ利用に関して、当社又は第三者に損害を与えた場合その賠償をしていただきます。

第20条(諸料金等の変更)
当社は、本規約に基づいて会員が負担すべき諸料金を、社会情勢等の変動に基づいて変更することがあります。 その場合当社は1ヶ月前までに教室掲示もしくはホームページなどにより告知するものとします。

第21条(閉鎖又は利用制限)
当社は次の各号のいずれかに該当する場合、スタジオの全部又は施設の一部を閉鎖又は利用制限できるものとします。
① 法令が制定、改廃されたとき、又は行政指導を受けたとき。
② 天災、地変その他不可抗力の事態が発生したとき。
③ 著しい社会情勢の変化があるとき。
④ 法令に基づく点検、改善及び必要な教室改修があるとき。
⑤ 当社が必要と認めたとき、その他やむを得ない事由があるとき。
⑥ 本スタジオを閉鎖するときは、当社は損害賠償等の責任を負うことなく会員との契約を解 除することができます。 この場合会員はその他名目の如何を問わず、損害賠償責任などの意義申し立てをすることができません。

第23条(個人情報保護)
当社は、当社の保有する会員の個人情報を厳重に管理します。当スタジオ運営業務として各種ご案内に情報を利用することがあります。 本条に定める場合の他、法令に基づく要請等正当な理由がある場合には会員情報を第三者に開示することがあります。

第24条(会則の改訂)
当社は、当社が必要と認めた場合、会則の改訂を行うことができるものとします。
改訂された規則は、スタジオ掲示もしくはホームページなどにより告知されたときから効力を生じ、以後全員に適用されるものとします。

 

平成29年1月~